2014年01月19日

2014年センター第一評 英語(筆記)

第2問と第3問で新傾向がありました。(細かく言えば第4問にも)


第2問はAは文法で4つから一つを選ぶ問題ですが、3問ほどカッコが二つになっている問題がありました。自分的には逆に選びやすかったのですが、この傾向が続くのであれば、来年度は難易度は上がるのではないかと思われます。

第3問はいままで討論形式だったBがCにうつり、Cでマニアックなネタを語る文章がなくなり、Bにいらない文章を選びなさいという文除去問題が新設されました。これは中に正しいものを入れていく問題ばかりやってきたセンター受験生には逆に一ついらないものを消すという経験が初めてでしょうから、戸惑いや難しさを感じたかと思います。この傾向が続くかどうかはわかりませんが、新しい問題傾向としてはチェックが必要です


第4問は図表問題ですが、最後でこの文のあとに続けるものとしていいものはどれか選びなさいという先を予測させる問題がでました。マラソンの広告は…運動しないとだめだと言われている気がしました。運動不足な自分には目に痛かったです(  ̄_ ̄)ボー


第5問は手紙のやりとりでしたが、久々に第5問でブラックジョーク的なもの以外を見た気がします。センター自体よりマーク模試などでブラックな話題があることが多いのでそのようなイメージが自分の中で定着しているのだと思います。

第6問はオーディオ関係の話でした。レベルは例年並み。ただ第6問に関しては、理系ネタか文系ネタかでそれぞれの解ける力量が変わってくると思います。
いわゆる自然現象的なものや理科チックな文章は文系にはきついでしょうし…二次試験や私大ではそこらは配慮されてることもありますが、センター試験は全員が同じものを受けるので、文系であろうが理系であろうが自分の苦手な世界の話も嫌がらずに読めるかという力が必要になってきます。脱好き嫌い!
posted by 森田塾 塾長 at 01:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年センター試験第一評 国語


さて、国語ですが

評論で漢文の重要性を説く文章を持ってくる…これは漢文なんて意味ないじゃないって思っている人たち向けたものなのかな(○'ω'○)ん?

センター試験が作られる年を考えると、この問題は2012年前後に作られています。やはり中国、韓国に対してのマイナスイメージが先行している時代背景から中国の文章である漢文を国の言葉である国語でやるべきかどうか…そういった世論があったのかもしれません


そこらは置いておいて、各問題について

第1問 評論
漢文についての話です。語り口調になりいままでの評論よりは読みやすくはなってるのかと思います。ただ難しい言葉を注釈で載せてるものが多く、頭の中の整理が難しかったように感じます。また問題によっては全体を見渡すものもあり、きつい部分もあるかなと思います。

第2問 小説
久々に、普通な感じのお話しでした。ただ長い。そしてそれぞれの選択肢も長い…これはどちらかというと国語力というより、脳の耐久力を試されるところが多くなったように感じました。長い文章を読み、まとめる体力が必要とされます。


第3問 古典
源氏物語からの出展、さすがにもうネタが尽きたのか前にでた本からの出題でした。ただ今回の問題ではあまりみない場面を持ってきていました。和歌もなく人物相関図もあり、問題に入る前にしっかり各人物を確認しておくことが大切です。内容的にも源氏物語らしく誰が言っていることかわかりにくいもので、主語をとらえる力が例年以上に試されました。

第4問 漢文
例年より第2問が難しく感じました。


基本的に文は読みやすくなったが物量が増え、解く体力と処理能力が試されているように感じました。制限時間内にしっかりすべて解けたひとはなかなかいないのではと思います。


posted by 森田塾 塾長 at 01:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年センター試験第一評 日本史

ということでセンター試験1日目が終わりました。いつもながらに緊張する二日間です。生徒一人ひとりを思い浮かべて『これは出来たかな…( ̄~ ̄;) ウーン』と悶々としています。

ではまず日本史を解いた感想として


これ結構世論を皮肉ってるのかな(○'ω'○)ん?
第5問の税に関して(これは増税を…)
第6問の手塚治さんについても(これは昨今のアニメブームを…)

と思いました。まあ私がひねくれものだからそう思うのかもしれませんが(笑)

第1問

相変わらずの会話形式。毎年ある題材にのっとって問題を作るのですが、(昨年は北海道と沖縄)今年は…しいて言うなら資料?って感じでした 問6は正直戦後の年号をしっかり覚えている人は少ないのではないでしょうか…ただそれ以外はいけてほしい感じです。

第2問、第3問 第4問 古代から近世

ここ最近で感じることは、妙に政治知識ではなく、文化やそのときの世俗など、また文化でも深く聞くことが多く難易度が高く感じました。また日本地図で場所を聞くことが出ているものがあるので、○○県の○○遺跡などで覚えるのは危険であり、日本地図を毎回書き、場所をビジュアルチェックする勉強が必要であると再確認しました。

第5問、第6問 近現代
これは簡単に感じた方も多く、また前述通りに税や手塚治虫さんを使って問題を作っています(まあ手塚治虫さんに絡むことは全然出ていませんが( ̄ー ̄; ヒヤリ)

これは日本史Aでも同じ問題が出題されていますので、難易度がやさしめに設定されてあり、逆にここは差が付きにくい場所のように感じます。


日本史をセンターで考える際のアドバイスとしては

@日本地図などで、言葉として覚えるのではなく図を書いて覚える

A文化、外交など主題でないものが多く出る可能性があるので政治などではない部分も深く知る必要がある

B正誤問題はしっかりとれるように練習しておく

単純に5年、10年前のセンターの勉強の仕方では太刀打ちできなくなってきてる部分もあることを念頭に置いていただければと思います。
posted by 森田塾 塾長 at 00:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。